『殿堂入り』と呼んでもいいくらいの記事のレベルとは?満たせるもんならあなたも書いてみなさいよ

   

アイキャッチ

ねぇ、そこのあなた。

久しぶりね。

 

Hu-media編集長の長野よ。

 

実は先日、ひよっこライターの「ミズホ」から、こんな質問があったの。

ミズホ
ところで、殿堂入り記事の基準は何ですか?
教えて。長野編集長!

 

そもそもあなた、なんでアイコン画像が丸なのよ。

変な子なんだから。

参考記事:【ミズホです】人間らしさ無視のアイコン画像で、私を思い出してもらう作戦を3個考えた【ミズホです】

 

それと、ミズホ!

ちゃんと自己紹介書いておいてよね。

 

あらやだ。ちょっと話が脱線したわね。

 

そう、「殿堂入り」と呼ばれる記事の基準よね。

近頃、複数人で運営しているブログメディアが沢山あるわよね。

そこで、記事のライターさんたちにも、ちゃんと目標を持ってもらえるように、WEBメディアで「殿堂入り」って誇れるくらいの基準を考えてみたわ。

 

 

ブログメディアで「殿堂入り」と呼ばせるくらいの記事とは?

 

まず、殿堂入りっていう言葉の意味、あなたはちゃんと理解してる?

 

殿堂入りとは?

ある分野の殿堂に納められ称えられることである。

殿堂とは神仏が収められている建物や専門分野で一番格が高い建物のこと。

ニコニコ大百科から引用

 

つまり、殿堂入りするっていう事は、とても栄誉ある事なのよ。

そんじゃそこらの人じゃ、殿堂には入れないっていう事。

 

 

評価には、客観的に判断できる材料がいるの

評価っていうのは主観的にしてはだめなの。

必ず客観的に判断できる材料がいるわ。

あたしがこの記事は殿堂入り、この記事はだめ、なんて判断してはだめってこと。

 

バカな嫌われ上司は、自分の好きな部下ばかり評価して出世させて、嫌いな部下の出世を遅らせるなんて、よくある事だけど、あれではダメ。

 

具体的には、判断材料として正しいのは、「数値化」できるものがいいわ。

数字は偽装しなければ、客観的な事実を伝えてくれるの。

 

難しい?

 

大丈夫?

 

ついてこれる?

 

ミズホ!聞いてる!?

 

スポーツ選手であれ、殿堂入りになるためには、ちゃんと誰もが納得できる基準が必要って事よ。

 

ほら、野球選手なら、ホームランの数とか、打率とかあるでしょ。あんなのが基準になってたりするわ。

 

そう、ブログ記事も同じ。

 

ある記事を「殿堂入り」と評価するためには、客観的に見て、大多数の人が納得できるようなポイント、指標としての数字が必要になってくるわ。

 

 

 

 

ブログ記事を評価できる数字の種類

数字

ブログ記事も、WEBメディアのどんなコンテンツにも使える評価基準って色々あるわ。

そんな基準をいくつか紹介するわね。

PV数(ページビュー数)

その記事が、何回見られたかという回数よ。多ければ人気な記事だって分かるわよね。

 

ソーシャルメディアでの支持数

ソーシャルメディア、例えばFacebook、Twitter、Google+、はてなブックマークには、シェアされた回数がカウントされる仕組みがあるのよ。

  • Facebook ⇒ いいね!数、シェアの数
  • Twitter ⇒ ツイートされた回数
  • Google+ ⇒ 「+」を付けて気に入られた数
  • はてなブックマーク ⇒ ブックマークされた数
  • Pocket ⇒ 保存された数
  • feedly ⇒ 記事の更新情報を待ってまで購読してくれている人の数

例えばこんな感じかしら。

 

被リンク数

SEO的には、もうこれは記事の評価としてあまり効果を持たなくなっているけど、誰かがあなたのブログ記事にリンクを貼ってくれているっていう事は、それだけ評価されている記事だってことよ。

でも調べるのが面倒だから、Hu-mediaの基準としてはパス。

 

 

やっぱり分かりやすいのは、PV数とSNSでのシェア数かしら

という事で決めたわ。

Hu-mediaでの『殿堂入り』の基準。

 

 

  • 累計PV数 ⇒ 10万PV以上
  • Twitterでのツイート数 ⇒ 500以上
  • Facebookでのいいね!&シェア数 ⇒ 500以上
  • はてなブックマークでのブクマの数 ⇒ 500以上

 

 

これを達成できたら、殿堂入りに入れてあげてもいいわ。

 

 

無理よね。

ひよっこには無理。

 

 

 

普通のWEBメディアではそれくらいの基準じゃないとダメだと思うけど、Hu-mediaは新人ライターさんが多いから、絶対この数字は無理よね。

 

そろそろ記事の更新頻度が落ちてきて、みんなのモチベーションも下がりつつあるから、比較的手の届きそうな基準にしてあげるわ。

 

これで、1回くらいは殿堂入りを達成してみてよね。

 

決定!Hu-mediaの『殿堂入り記事』の基準とは?

1つの記事で、以下のどれか1つの条件でも満たせばOKよ。

 

  • 累計PV数 ⇒ 1,000PV以上
  • Twitterでのツイート数 ⇒ 100以上
  • Facebookでのいいね!&シェア数 ⇒ 100以上
  • はてなブックマークでのブクマの数 ⇒ 50以上

 

ちなみに、今基準を満たしているのは1記事だけ。

ブログバカのJUNICHIの記事。

社会不適合者の僕は思う。「普通のレール」から外れてどん底を味わって良かった。

これがFacebookで140以上のいいねを得ているわ。

 

 

まとめ

Hu-mediaの殿堂入り記事の基準は、正直甘々よ。

こんな基準、他のメディアで書いているプロのブログライターさんなら余裕よね。

 

自信があるなら、早くHu-mediaで書いてみてよね。

報酬は全く出せないけど、Hu-mediaで「殿堂入りの記事を書いたことがある人」っていうすごいブランディングはできるわ。

 

書いてくれるならここから応募してみて。

Hu-mediaの外部ライターに応募する

 

 

おわり。

 

 

(長野♡)

The following two tabs change content below.
Hu-media 編集長 長野
あたし、遠慮とか気遣いとかできないから。本音でズバズバ書いちゃうわよ。

 - 仕事の話