【ミズホです】人間らしさ無視のアイコン画像で、私を思い出してもらう作戦を3個考えた【ミズホです】

   

アイコン画像から思い出してもらうには?

右側の(スマホなら下側)サイドバーに入っている人気記事一覧のトップ。
「正規ライターさんたち」の記事のページビューが気になるミズホです。

着実に増えているのですが、このページって何回も見るところかしら?

どんな人が書いているか気になって一度は覗くと思うのですが、多分それっきりですよね。
ということは、新しい読者さんなのかな…

ところで、殿堂入り記事の基準は何ですか?
教えて。長野編集長!

長野さん
別の記事であたしが教えてあげるわ。

Hu-mediaのミズホ

「正規ライターさんたち」でも使っている私のアイコンはこちら。

ミズホアイコン

7色の虹_Hu-mediaバージョン。
Hu-mediaで使われている色のトーンに合わせていて、密かにこだわっているアイコンなんです。

とはいえ、人間らしさなんてまったく無視のアイコンです。
名前も普通。

これは覚えてもらえない!
ということで、「Hu-mediaのミズホ」を思い出してもらえるような作戦を考えました。

1つ目は「『ミズホ』を印象づけよう作戦」

「ミズホ」を覚えてもらえそうなエピソードを3点、用意しました。

「瑞穂国(みずほのくに)」は日本の美称です

瑞穂(みずほ)とは、みずみずしい稲穂のこと。
「瑞穂国(みずほのくに)」は、稲が多くとれる実り豊かな国を意味する日本の美称です。

でも、そんなことは知らない人の方が多いですよね…

私の名前の由来は、父が「瑞穂国(みずほのくに)」に帰ってきたから

私が産まれる頃、父は海外出張に行っていました。
出張も無事に終わり、日本に戻る飛行機の中。
父はようやく日本(瑞穂の国)に帰ってきたと胸をなで下ろしました。

それで私の名前は「みずほ」になりました。

でも、私以外の人にとっては関係ないエピソードですね…

みずほ銀行の「ミズホ」です

私は小さな会社の経理を担当しています。
「経理にぴったりの名前だね」と言われました。

でも、メインバンクは三菱東京UFJ銀行です…

2つ目は「SNSを少しだけ使ってみよう作戦」

面倒くさがりで飽きっぽい私は、SNSが苦手です。

Hu-mediaで書くようになってFacebookとツイッターは再開しましたが、Facebookは親切すぎるアレコレが煩わしいし、ツイッターは何を呟けばいいのか…

そんなとき、がみたかさんがご自身のブログでこんな記事を書かれていました。

→ 僕がお気に入りのブロガーさんや共感した記事をシェアするなら?

「はてブ(はてなブックマーク)」
ちょっと手を出すことが怖かった「はてブ」

サービス内容も知らなかった。
はてブされると、バズりやすいということだけ。
そもそも「はてな◯◯」に、なんというか、目に見えない壁を感じるんですよね。

そんな私でも、この記事を読むことで不安が薄れました。

最近はほかの方のブログを読む機会も増えたのですが、「この記事面白いな」という気持ちをどう表せばいいのか、わからなかった…

この記事によると、ブロガーがシェアされて一番うれしいのは「はてブ」だとか。

がみたかさんは「はてブ」を使う理由を4つ挙げています。

その中で興味深かったのが「他のSNSに同時にシェアができる」こと。
なるほど。
これを利用すれば、ツイッターにも簡単に投稿できるんですね。

ツイッターで何を呟けばいいのか、という問題もこれで解決です(笑)

この記事を読んで、はてなブックマークに登録してみました。
今日登録したばかりなので、はてなIDを公開していいのかわからない。
とりあえず消しましたが、はてなIDはみんなにお知らせしていいのかしら?

はてなブックマークの登録

3つ目は「イラストを使って覚えてもらおう作戦」

Hu-mediaとミズホアイコンを使って、視覚に訴える作戦です。

使ってみたかったゴゴゴー

ゴゴゴー
与座さん(ゴゴゴー)とマッキーさん(ドン)。

Hu-mediaの顔出しのアイキャッチ画像で使われている手法。
「ゴゴゴー」を使ってみたかったのです。

ユラユラ癒し系

海の上でユラユラ揺れるアイコン

背景の海と同化したユラユラ癒し系。
実はミズホアイコンは縦縞なんですけどね…
縦のままだと、癒し系にならなかったので。

長野さんの力を借りよう

大きなアイコンがドォーン

長野さんらしき女性の隣に、大きなミズホアイコン。
大きければ覚えてもらえる?

やっぱり長野さんの力を借りよう

バイバイ、ミズホアイコン

長野さんらしき女性に蹴られるミズホアイコン。
海の彼方に消えてしまう!?

最後はポーンと蹴られて消えてしまったので、今回はこれでおしまい。
次回、お会いしましょう。

 

 - 女子趣味