年収4000万円超のゴールドマンサックスから学ぶPV上昇論!

 
ゴールドマンサックスっぽい画像

はじめまして。
こんぺーです。

 

職業は「ポータルサイター」
ポータルサイターってなんぞやという人もいると思うので簡単に
サイト企画制作運営を一人で行って「サイト飯」する人です^^
今回は初なのですが、

年収4000万円以上のゴールドマンサックスから学ぶ「PV上昇論」
寄稿します!

ゴールドマンサックスって知ってますか?

もちろん知ってると思うのですが簡単に説明します。

・2013年の平均年収が4560万円
・政府機関や富裕層などを顧客に持つ世界有数の投資銀行
・売上は4兆円
※イスラエル国中華民国(台湾)アラブ首長国連邦などの国家予算とほぼ同じです。
・従業員数は3万人以上

世界最強クラスの企業ですね。
そんなゴールドマンサックスなのですが、すごい競争が激しく激務だという噂もあります。

「昇進かクビか」

そんな言葉も生まれたのがこの企業でした。
しかし、実はそんな厳しい世界なのにもかかわらず・・

フォーチュン誌の「最も働き甲斐がある企業100社」に毎年ランクインしているのです。

なぜなのか。

そこで社員アンケートにはこんなことが書いてあるそうです

ゴールドマンサックスが働き甲斐があるのはどうして?

色々なアンケートがあります。

・超エリート集団の中で働く自負
・世界の資本主義という個人利益を超えたものを動かしている責務
・高級スーツをみんながきている
・医師・看護師・専門医などが常に待機している
・定期的にかわるカフェテリア。社内のサービスも市場化している。
・在宅ワーク
・LGBTの活発なネットワーク

などなど
まだたくさんあるのですが、高年収だけじゃないんですね。

また一方で
・労働環境は大変
・胃がキリキリする

などプレッシャーがかかり昇進できなければクビになるのではという不安も多いようです。

ゴールドマンサックスとPVUPが精通することって?

上記で上げた、エリート集団や国を支える責務・高級スーツなどはブログのPVアップに精通するとは思いません。
※何かあるかもしれないけれど・・・。

ブログとゴールドマンサックスが精通する部分。

それは、GSの企業文化なんですね。
他の金融企業だと、競争に追われるようですがGSだけは違うんです。

それがこれ

「利チーム主義」

トップクラスの企業では人を押しのけないと出世しない。
というのがありますが、GSでは通用しません。

フラットな関係性と助け合いの精神+社員の能力の組み合わせがGSを成長させる一因にもなっているそうです。

なぜ世界有数の企業になれるのかはこのチーム主義にあるということです。

これはブログやサイトにもいえることなんですね。

僕みたいによくわからない人のブログなんて誰も読みにこようとも思いません。

なので一緒に向上できそうな知人や友人や仲間を作るしかないんです。
自然検索なんて引っかかりもしません。

そこでSNSなんですね。

ツイッターやFBで絡んでどんどん色々な人の面白いブログを拡散していく。
そうすると、「あ、拡散してくれてありがとう。こちらも是非!」という感じで伝播していきます。

本当に面白い記事であれば仲間はどんどん拡散してくれてバズも起きます。

そして仲間ができると、情報交換が出来たり、そこから新しい企画や仕事もうまれるかもしれません。
そういうコミュニティも存在しています。

出会いやつながりは本当に大事なんですね。

あの有名なゴールドマンサックスでさえチームを大事にしています。

今やブロガーやメディアが受け手よりも多い時代とも言われてる時代。

拡散してもらったのに拡散しないとかだと本当に役に立つ記事や面白い記事を書いてる人でなければそうそう残れない世界でもあります。

出会いを大切にしてチームや仲間を作りましょう。

PV以外にもいいことが沢山ありますよ。

最後に自分のブログも紹介!

3時間しか働かないんです。というブログです。
未来の職業やポータルサイトの運営方法など紹介してます。

The following two tabs change content below.
山田 コンペー
新しい職業「ポータルサイター」として「サイト飯」してます。仕事内容は、サイトの企画・制作・運営をすべて一人で行うこと。現在月間370万PV。 1980年生まれ。ブログ「3時間しか働かないんです」
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. […] ん。 参照:年収4000万円超のゴールドマンサックスから学ぶPV上昇論! […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。